2018.11.28 Tech

10.26に京都市美術館付属棟で実施した若手映像作家達の展示イベント『B1 MIRAGE』で照明制御を行った。その際のシステムについて簡単に解説。

B1 Mirage from Kousei Ikeda / ikekou on Vimeo.

ハードウェア

まずハード(物理層、データリンク層あたり?)は大体こんな感じ。

機材は
・PC *1
・LED Strip *20
・LED Bar *30
・Art-Net DMX Converter (Open DMX Ethernet) *2
・DMX SPI Converter *2
・Router *1
・Art-Net SPI Converter (PixLite16) *1
・スイッチング電源5V *4
・スイッチング電源24V *2
・あと各種ケーブル(自作含)

PCは1台。そこから全て制御した。LEDは2タイプあり、それをそれぞれ2系統づつに分けていた。

1m/60LED/60pixelで制御できて表現力の高いLEDストリップが15本。設置場所の関係で11本と4本に分けた。PCからルーター経由でLEDコントローラ(Advatek PixLite16 Mk2)に接続。18W/1m消費なので、5Vだと1LEDあたり0.06Aくらい。60LED/m*15=54A。PixLiteはそれ自体から電源供給できる仕様になっているけど1OUTあたり4Aまでなので全然足りないから別途電源を供給する。60Wのスイッチング電源を購入。バッファを見て数個買う。延長していくと電圧降下で正常に点灯しなくなるので所々で電源を足してあげる。

1m/48LED/8pixelでやや表現力は落ちるがウォータープルーフで外にも設置しやすいLEDバーが30本。距離が遠いのでEthernetを伸ばしてOpen DMX EthernetでDMXに変換、そこからさらにDMX-SPI DecoderでDMXからSPIに変換。DMX-SPIはDMXの仕様上このLEDバーを30本はまとめて制御できないので15本2グループに分ける。こちらは24Vなのでかなり気軽に伸ばせてよかった。

あとは細々した点。

スイッチング電源はよくわからない所のやつを買うのが不安だったのと、ミスミがすぐ発送してくれるのでミスミで5V60Aを買った。けど結構高かったので購入先検討してもいいのかもしれない。

60LEDのLEDストリップ自体はシリコンカバーで覆われていてウォータープルーフなのだが端子部分は違うのでそこが取扱に気を使う。今回は室内だったからいいけど。半室内な部分もあったのでそこはビニテで絶縁したものの防水の端子にしたいところ。

LED同士を繋ぐ延長はJSTの3端子。JSTのオスメスの延長はあんまり売ってなくて、かつ目立たなくしたかったので黒を探したが日本では全然売ってないのでAliExpressで探して買った。

ちなみにPixLiteはArt-NetからSPIに直接変換しているからか(?)、DMXの1Universeで制御できる個数以上をまとめて1ラインで制御できるので便利。

あとは今回室内で使うLEDのカバーはちょうどいい具合のものがなかったので自分達で木工して塗装して作った。このへんは手を動かしていていいのか?という疑問もあるが、とはいえ理想的なものがなければ作る。というのは正しい姿勢だと信じたい。実際光の具合はすごく良かったと思っている。

あと外については当日途中でめっちゃ雨が降ってきて、LEDとケーブルのウォータープルーフ仕様に大感謝しました。

ソフトウェア

PCに入ったTouchDesignerでパターンを生成。60LEDタイプはArt-NetでPixLiteに通信。PixLiteがSPIに変換してLEDチップを制御。48LEDタイプはTouchDesignerからODE(Open DMX Ethernet)にArt-Netで通信。ODEがArt-NetからDMXに変換しDMX-SPI Converterに通信。DMX-SPI ConverterがDMXをSPIに変換してLEDチップを制御。

表現

あとは表現面だが蜃気楼というテーマもあるのでウェブカメラから取り込んだ映像をもとに、LEDの点灯パターンを作ってみることにした。しかし実際には設置環境がかなり暗かったこともあり用途としてはノイズのパラメータの1要素くらいに留まってしまったのは改良の余地があると感じた。とはいえ『異界化する』という目的は達成できたと思う。

撮影

当然だが暗い場所でやるので、アーカイブ用の撮影がすごく難しかった。最近暗いところが多いのでいつもうまくいかない。これについても次回は改善したい。

何をしたか

プロジェクトとしては何を担当したか。こういう場所でこういう企画があるから動線の照明を兼ねつつただ照らしてもつまらないのでいい感じにしてほしいというオーダーからスタート。で、そこから大体こんな感じか。

・現場調査
・照明のレイアウトと配線の設計
・機材構成の設計
・通信やソフトウェア構成の設計
・資材調達
・LED照明のシェードは木工して制作
・線材制作や電子工作
・照明パターンのデザイン
・ネットワークの設定、構築
・TouchDesignerのプログラミングによる制御
・設置設営撤収

おわりに

そもそも大規模になるほど機材と人手を持っていることが重要になってくるので大きな照明屋さんと競争できるわけではないし、僕自身も照明屋さんになりたいわけではない。VJ(個人的にはVJとは違ってLive Visualだと思っているんだけど)とかはプロジェクターによる空間演出だし、今回はLED照明を使った空間演出だし、と思ってやっている。インタラクションはなくてもいいと個人的には思っているが、ないとしてもプログラミングによる制御をすることによってそれがないとできないことをしたいと思っている。

ある程度以上の規模のものであれば機材をたくさん持っている会社と組んでやることになると思う。ただそのときにプログラミングをできる絵を作れるのはひとつのアドバンテージだと思うし、またハードについてもある程度知っていることは意味がある。

過去に大きな規模のLED制御をやった際の進め方や分業のパターンとしては、クリエイティブに関するディレクションやデザイン、企画などは任せてもらいつつ、機材の組み立てや設置、電源まわりは全部お任せして、センシングやインタラクションやビジュアルのみを担当してメディアサーバーに映像をINしたり、またはDMXを送るところまでこちらでやる、というケースが多かったように思う。

謝辞

お声がけいただいたNue松倉さん。機材協力いただいた1-10さん STARRYWORKSさん、その他関係者の皆様。ありがとうございました。

SPEKTRAという名義で一緒にやっている森岡さん、今回は機材貸してもらってありがとうございました。

リンク

B1 MIRAGE | Project | KOUSEI IKEDA
B1 Mirage on Vimeo

2018.08.17 Note

先日の香港出張のこと。案件の中身のことというより、持ち物のこととか現地でのこととか。基本スタイルは、時間と体力は可能な範囲でできるだけお金で買おう派。

最近、知人がシンプルになにかそういうの書いてるのを見て短い感想の羅列であっても得るものがあったので、自分も箇条書きでいいので気軽に書いてみようと思う、というのが発端。

案件の設営。2018夏。期間は約10日間。

業界的にはインスタレーション案件というくくりになると思うが、インスタレーションていう用語がもう広く使われすぎてよくわからん感じになってると思っている。デジタルアトラクション/エンターテイメント系のお仕事といったほうが良いのか。

なのでウェブ案件の出張より持ち物が多い。パソコンはMacとWinを個人で2台持ち込み。

ロールはテクニカルディレクタ/プログラマ。

行きの飛行機、キャセイは快適。機内食もまあまあ美味しい。

帰りのホンコンエアはエアコンが無茶苦茶寒かった。長袖長ズボン必須。首も冷えから守りたい感じ。

香港は暑い。けど正直日本のほうが暑かったかも。

行く前に聞いてみたが、全体的にエアコンがきつい。外に出ると暑いけれども、汗をかくことに慣れると長袖長ズボンのほうが体調が良い。首が冷えると頭痛と肩こりが酷いタイプなので、首元の高いタイプでかつ脱ぎ着のしやすいジップアップのパーカーが重宝した。

とはいえ十分に首を冷気から守れてる気はしないので、もっと考えたい。これは日本での日常でも目下の課題なんだけど。

唐突に雨が降るからバックパックは防水・止水が安心。

折り畳み傘も入れておく。アウトドアショップに行くとびっくりするくらい軽量のやつが売ってる。

現場で机が確保できるとは限らないので、作業しやすい姿勢を確保するのは重要。ヘリノックスのタクティカルチェアを持っていった。今回は近場にスタバがあったけど現場では机確保できなかったから持っていってよかった。→ https://amzn.to/2Bd3QSe

スーツケースは無印の一番大きい104Lのやつ。私物では半分以上あいてたが持ち込み機材とか入れると結局埋まるし帰りはお土産でも入れたらいいのでやっぱり大きいは正義。

スーツケースのハンドルのところにカバンを固定できるアイテムをAmazonで見つけたから買ってみた。便利。「 バッグとめるベルト ブラック×ブラック」ってやつ。→ https://amzn.to/2Bh5x13

案の定中盤くらいでお腹こわした。原因は不明。水も気をつけてたんだけど。日本から薬をたくさん持参してたからよかった。
– 風邪薬
– 酔い止め
– 眠気止め
– 胃腸薬
– 睡眠薬
– 傷薬
持ってったこと自体はよかったんだけど、びっくりすることに全部向こうで売ってた。

モバイルバッテリー。いる。

USBメモリ。なんやかんやで1回くらい使う。

SSDモバイルストレージ。大容量の映像とかのデータの受け渡しはこれが一番早い。今回は使わなかったけど。

折りたたみハンガー。2,3本。今回はホテルで洗濯してみた。風呂場で洗って干してみる。全然いける。

爪が伸びてくるとタイピング時に気持ち悪いので爪切り持参。

機材運びもあるので、たためるサブバッグは必須。かつ重いから強度のあるやつ。ジッパーで閉めれるやつ。無印のナイロンのやつ。DELLの重いノートPCと電源とその他ゴチャゴチャ入れても全然やぶれる気配なし。

PCまわり。
– コンセント変換は万能タイプが便利かなっておもったけどかさばるのでどうだろう。買ったのはこれ→ https://amzn.to/2Bieozu
– 口数増やすのにたこあし。これが便利で好き。→ https://amzn.to/2MUTmbP
– USB充電器もやはりいるのでAnkerのUSB3.0x4, PDx1のやつ。でも正直PDいらなくてUSB3.0x5のやつでよかったかも。→ https://amzn.to/2Bh41fl
– これらはホテルでも現場でも使いたくなるけど毎日持って歩くのは無駄なので、ホテル置き用と現場置き用で各2個ほしいところ。

唐突に会食が入ったので現場近くにあったユニクロで白シャツを買う。大人としては確かに1枚入れとくべきだけど設営なので油断してた。

毎日中華を食べてるとさすがに飽きてくるので、現場横にあるスタバがオアシス。香港限定メニューのシリアル入りヨーグルトがすごい美味しくて毎日欠かさず食べてた。日本でも出ないのかな。

ライトニングケーブルとかUSBケーブルはすぐなくなるので多めに持っておく。

ウィンドブレーカーをパーカーとは別に持っててよかった。持ってみると用途が別な気がするなこれ。

iPad Pro + Apple Pencilは今回現場初投入してみたけどむっちゃ便利。現場だとどうしても立ちながら話したりすることも多いし、メモしやすい。図も書けるし文字も書ける。あと写真とって指示とかも書き込めるし。

持ち物に困ったら直前にでも無印に駆け込むと電子機器以外は大体揃う。見た目もマシ。ありがたい。

焼きそばとかチャーハン。中華が無茶苦茶美味しい。

タクシーは英語あんまり通じない。目的地の駅名・ホテル名を連呼したらなんとかなる。

日本食も、吉野家もあるしかつ屋もあるし、なんか普通にある。中華に飽きたらたまに食べれる。

マスク。日本からマスクを持っていったのを大体使ってた。飛行機もそうだし、現地はなんだろう粉塵かな?喉痛かったのでマスク外してしばらくしてみると喉痛かったので意味あった感じ。

現場ではなにかと不測の事態が起きるので香港の秋葉原的な場所の「黄金電脳中心」ていうところに行って足りないモノ探し。ゴチャゴチャしてて超楽しい。仕事じゃなく行ったら1日いてしまいそう。

オクトパスカードっていうやつがあって、現金から駅で作れて、電車に乗れて、お店でも使える。使えないお店もあるけどコンビニとかスタバとか新し目のお店では大体使えた。駅でチャージできる。便利。

街自体、活気があってすごくよい。お客さんの反応は違う部分もありつつ、日本と同じ部分もありつつ興味深い。良い経験だった。香港もまた行きたいし、日本国内はあちこち設営でいったので海外もあちこち行きたい。

Photo by Ruslan Bardash on Unsplash

More