2019.03.18 Note

結論としては期待と予想に反して「めっちゃ好き」です。あとエンドゲーム観る人は、絶対の絶対に見たほうがいいです。

具体的には以下。あんまりネタバレはしてないつもりです。

可愛い猫が登場します。しかもそいつが主役達と絡むので登場頻度高く出てきます。猫好きにおすすめです。

どうしても昨今の風潮だとヒーロー映画とは言ってもアホな映画は作りづらいように思います。重厚であったり社会的であったりするテーマを背負いがち。それゆえに作品の雰囲気もややよく言えば大人、悪く言えばちょっと暗いトーンになりがちだったりもするように感じます。が、この作品はもちろん裏側にちゃんと社会的メッセージもありつつ、全体のトーンはすごい爽快感のある映画になってます。ネタバレでなく言うともうエンドゲームに繋がる展開上みんなわかってることなんですがキャプテンマーベルはめっちゃ強いです。なのであっけらかんとした爽快感に満ちた映画です。マーベルはうまくバランス取ってきたな!って感じました。個人的にコードギアスで紅蓮聖天八極式が登場したシーンとか、ガンダムWでウィングガンダムゼロのツインバスターライフルでモブMSが一発でいっぱい蒸発するところとか、エウレカでニルヴァーシュが覚醒して駆逐しまくるところとか、そう言うアホみたいに強くてスカっとするシーンが結構好きです。なのでこれもめちゃくちゃ好みです。最高です。ヒーロー映画に求めてたのはこう言うのだったなぁ、と思い出させられた感じでした。

強すぎるけどドラマがちゃんとあるって言うのは、敵の方にもちゃんとドラマがあるからなのかも。ワンパンマンですかね。確かにヴィラン側にドラマ性が強かったかもしれないです。

あと、当然ピンチになるシーンもあるんですが、「やられても失敗しても立ち上がるのが人間だ!」っていう、エンドゲームに繋がるメッセージもあった気がします。

総じて、正直観る前は不安な気持ちが強くて、と言うのもめちゃくちゃ強い設定だけど作品成り立つのか?って思ってたんですが。見てみたら、あれ?これ最高じゃないですか?なんならアベンジャーすで一番好きなキャラかも?(今まではガーディアンズのロケットが好きだったんですが)って言うくらいです。スカっと感、テーマ性、伏線、と諸々上手くまとめた監督とマーベルの手腕に万歳!して、安心してエンドゲームに臨めそうです。

エンドゲーム観る人は、絶対の絶対に見たほうがいいと思います。

画像は公式サイトのOG画像から引用。
キャプテン・マーベル|映画|マーベル公式|Marvel https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Tags -