2019.03.13 Note

先週のしいたけ占いで「絶望的にくだらない映画を観る」ように言われました。絶望的にくだらない映画ってなんだっけ。何があったか。もちろん個人によって価値観や面白いポイントは違うので誰にとってくだらないのかという問題はあるんだけどただくだらないのではなく絶望的にくだらないというからにはおそらく価値観や趣味嗜好の異なる幾人もの多くの人々にとってくだらない映画がそうであるということは一つの構成要件ではあるのでは無いかなと思いました。

個人的には家族モノの映画と恋愛モノの映画がとても苦手というかまず観ないのですがそれはそれで自分の趣味では無いというだけであって絶望的にそれらの映画がくだらないと思っているかというと別にもちろんそうでは無いです。ではなんだろう。僕にとって絶望的にくだらない映画とは。

アマゾンプライムで評価順に並べて上から順番に観てみるということを時々セレンディピティを目的としてやるんですが、今回はその逆に低評価なほうから観てみたりしたらいいのかなと思ったんですが残念ながら全くそういうソートには対応していないのでできません。

ちなみに苦手でいうと、ミュージカル系の映画が苦手です。歌って踊ってなくていいから早く話を進めてくれ〜〜という気持ちになります。なのでいくつか個人的に辛い映画は思い出すものの、それもまたあくまで個人的趣向であって、そこにはいわゆる名作と言われるものも含まれていますし、それらが絶望的にくだらないというつもりはないです。僕がミュージカル映画が苦手なだけです。

そもそも記憶に残っている時点である程度マシな映画な気がします。おそらく本当につまらない映画は記憶にすら残っていないものが多数なんだと思います。試しにfilmarksにつけている映画ログを見返すとそもそも観たことすら覚えていない映画がいくつもありこれはもしかしてつまらなかったのか、と思う次第ですが、まあどうなのか。B急映画は結構好きなので絶望的にくだらないとは言えない。何ならくだらなさを意図して作られているわけでそのくだらなさが楽しいというか。それって全然絶望的ではないわけです。もっと真剣に作られて本当につまらないみたいなものではないと絶望しないような気がします。

ここまで言ってふと思ったのですが、無意識のうちに「つまらない」と打っていました。が、テーマは「くだらない」です。無意識に変換していましたが、「つまらない」と「くだらない」は違う気がします。つまらない映画とくだらない映画。似ているようで違う。

個々人のオススメの映画というのももちろん面白いですが、「絶望的にくだらない」というテーマで思いの外思索が深まったというか、メタに考えるとなかなか面白いテーマなように思いました。

ちなみにわかりやすく他人が教えてくれるそれっぽいものとしては、ゴールデンラズベリー賞いわゆるラジー賞があります。試しに前回はなんだったのかなと思うと

2018年(第39回)
最低作品賞:『Holmes & Watson』[9]
最低主演男優賞:ドナルド・トランプ(『Death of a Nation』『華氏119』)[9]
最低主演女優賞:メリッサ・マッカーシー(『パペット大騒査線 追憶の紫影』『ライフ・オブ・ザ・パーティー』)[9]
最低助演男優賞:ジョン・C・ライリー(『Holmes & Watson』)[9]
最低助演女優賞:ケリーアン・コンウェイ(『華氏119』)[9]
最低映画監督賞:イータン・コーエン(『Holmes & Watson』)[9]
最低リメイク・パクリ・続編映画賞:『Holmes & Watson』[9]
最低スクリーンコンボ賞:ドナルド・トランプと彼の尽きない卑小さ(『Death of a Nation』『華氏119』)[9]
最低脚本賞:『フィフティ・シェイズ・フリード』[9]
名誉挽回賞:メリッサ・マッカーシー(『ある女流作家の罪と罰』)[9]
バリー・L・バムステッド賞:『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』[9]

あたりのようで。この辺りから攻めたらいいのかな〜と思いつつ。くだらないけどつまらないわけではない映画が見つかるのかも?という気もしました。

で、何観ようかな〜。

Photo by Glen Carrie on Unsplash