2019.03.15 Note

YCAMでやってたバイオのワークショップに言ってきました。DIYバイオ。自分で遺伝子解析してみよう、という話です。僕の中では従来は大規模な施設が必要というイメージでしたし、サイエンスの方とコラボしたらやれるんだろうなと言うイメージはあるものの、では自分でできるのか?と言うと、そういうイメージは全くなく。そこにきてこのイベント。パーソナルバイオテクのロジーというキーワードはなかなかに刺激的でした。

パーソナル・バイオテクノロジー|山口情報芸術センター[YCAM]

とても楽しかったのですが、3日間の内容は濃密すぎて解説してたらキリがないので写真で雰囲気を紹介します。


つださん。


解析してみる題材を各々選びました。イメージがわかなくて面白そうなのでサラダにしてみました。


ドライアイスで冷やしながらすりつぶしました。


ピペット。楽しいです。比較的手先は器用な方で、細かい作業は好きです。


冷やしました。


手順を追ってできるようになってるYCAM自作のサンプル置き。


Bento Labって言うすごいやつです。


分量を見てる気がします。札幌から来られてる方とかスーパー高校生とかいてバラエティ豊かです。


僕らのチームはあんまり結果が良くなかったです。魔法の杖じゃないと言うことがわかってよかったです。


こいつがすごいやつ。第三世代のゲノム配列読み取り機だそうです。機械部分と特殊なタンパク質(?)の合わさって動作するデバイスだそうで、そのSFアイテム感にテンションが上がりました。


ウェブのインターフェースで見れるのは今っぽい感じです。


コンタクトゴンゾのエクササイズを毎朝やりました。

これほんとよくて、シンプルなルールのみで複数人が交わることで生物としての群行動的アウトプットにつながっていて、彼らは人間にコードを書き込んでNature of Codeをやってるんだと思いました。真上からカメラで撮影してヒトという群の原始的行動を見たいと思いました。こういうシンプルで拡張性があり美しいルールで構成されるなにかを自分でも作りたいな。


バイオっぽい作業が終わった翌日はデジタルな作業で普段ぽい感じでした。解析されたデータは文字列なので、説明でアスキーコードが出てきたり、Homebrewで解析用のパッケージ入れてTerminal叩いたり、と比較的ホームを感じました。


ゲノム解析済みの食品しか使わないお昼ご飯のお茶。ゲノム弁当。


解析ももちろん面白かったんだけど、このディスカッションが一番僕がエキサイティングだったし、もっとやりたかったです。

研究者やアーティストの方々は皆知的であり知識も豊富ではあるが、思ったよりも自分は自分の専門やそれ以外で得てきた知識、ディスカッションする力で近いスピード感や密度で話せたように思いました。またこう言う濃い場が欲しい。が、京都にはない。作りたいなぁ、と思いましたが。どうかな〜。


なんか最後の発表。


お疲れ様でした。


ベントウラボに寄せ書き。高いのに!こう言うノリが素敵。

写真が一枚もないのですがトークのなかで一番僕にとっては刺さったのが今年のメディア芸術祭でも受賞されている研究者でもありアーティストでもある岩崎さんの講演。実験は専門家以外も皆がやった方がいい、それによりもっと建設的な議論ができる、と言う話をされていて、それはあらゆる技術においてもそういうものだと感じているので、そうだそうだ!と言う感じ。一方でDIYやオープンサイエンスと責任の所在の話もあってバランスが良い。後生物って全然DNAだけじゃないよね。デジタルに扱えるのが今の所そこだけだから注目されがちだけどって言う話とか。

僕は体内微生物で体は全然変わるとか、人と人が直接的接触をすることで微生物の交換が行われて人が物理的に変わっていく、みたいなのをロマンチックだなと思っている僕としては、遺伝子だけじゃない話は好きです。

あと、自由と責任の話ですが。DIYでできる範囲がどんどん広がっていってどこで線引きをする?と言う問題は3Dプリントの頃はまだ問題が小さいと思っていました。できることといえばせいぜい人間を数人殺すくらいしかできない。もちろんあってはならないことですが、あくまで影響範囲でいうと、地域全体が大変なことになるとか、その後数世紀に渡ってある地域がやばいとか、そういうものではない。あくまで極めて限定的な範囲です。

一方でバイオのDIYはその遺伝子改変がもしかしたらある種や生態系全体を壊してしまう可能性があるものだと思います。家で行なった遺伝子改変した生物が逃げ出したりとか。もう一つ僕がなんとなく興味を持っているテーマである地球工学なんかも、DIY地球工学が長い年月にわたってある地域全体に悪影響を及ぼすような可能性はあると思っています。そういう意味でディスカッションしていくと結局のところ「自由とは何か?」という議論に足を踏み入れたのは面白いところ。結局は哲学的議論を皆でする必要があるのだと感じます。抽象と具象をいったりきたり。

後、遺伝子とか生物とかの話になると、人間としては子供を作るとかの話にも踏み込むので愛と死の話になったり、人間の取る行動なんて所詮種の保存と繁栄の為に並列で試行するためのプログラミングされた行動でしかないんですよ、好きに生きることでその試行が行われて最適化されて行くんですよ、みたいな話になったり。

最終日には、チームでアイディエーション→資料作ってプレゼン。僕らのチームは《食べる動物園》《微生物ウォーズ ゲノムバトラー》の2つのアイデアで、それぞれ境界を探る問いを重視したエッジなものと、社会実装や認知・普及を目指した超ポップに落とし込んだ案の二つを出しました。どのチームも素晴らしかったけど、パンチでは負けてなかったはずなような気も。

本当に、アーティストや研究者やエンジニアやスーパー高校生やら、本当にすごいじゃんと言う人ばっかりで、望むらくはもっとみなさんとディスカッションしたかったと言うところで、非常に非常に刺激やインスピレーションになる夢のような3日間でした。知るということは本当に楽しい。

まあワークショップというのはそれ自体がどれだけ良いものであったとしても、いや良いものであるほど、何かした気持ちになって何かを持ち帰った気持ちになって、しかし実際には持ち帰ったのは高揚感だけで時間が経つにつれて何もなかったことになるというのが世の常なのでそうならないようにしないと、と思うものです。

ちなみに、最初にも述べたとおり遠い遠い世界だった遺伝子解析のようなことが、もしかしてその分野の専門家のしての経歴がなくても、簡単なレベルなら自分でもできる時代になりつつあるのかも?なっていくのかも?と言うことを初めて感じたのは2017に東京であったイベントTRANS BOOKSです。

TRANS BOOKS | 2017年11月4日(土)、5日(日) 11:00 – 18:30 @ TAM コワーキング 神保町

そこにあった、飯塚未央さんという方の作品《The male or female》を見まして。このプロジェクトはコンビニのフライドチキンのDNA解析をしてみるって言う身近な題材からギュンと入ってくる問いかけを持った作品で、興味深いな〜と思いってました。

iimio.com : Mio I-zawa’s WEB :: 飯沢未央 » The male or female [book set]

で、今回のキャンプの最初に自己紹介の時間が全員にありまして。まあしていったわけですが。そのような経緯のことを言おうと思っていたんですが、ご本人の飯塚さんも参加されててびっくりしたりとかもあります。びっくりして一瞬喋る内容が飛びましたがなんとか。

何れにしてもとても濃密で最高に楽しい三日間だったので記事化しないといけない人は本当に大変だろうなと思う次第です。