2018.11 Live Event

11.10に大阪のClub Stompで行われたライブコーディングのイベント『Algorave Osaka』にSPEKTRAで出演しました。ライブコーディングによるビジュアル制作を担当しました。

ライブコーディングを2名で行いました。2名ということで、一人がオーディオを受け取りオーディオリアクティブなLEDの照明パターンを構築し空間にアウトプット、もう一人がその空間を映像としてカメラで取り込みエフェクトをかけているライブコーディング画面をスクリーンにアウトプットしたり、また一人のコーディング画面を別の一人が受け取りエフェクトをかけアウトプットしたりなど、二重構造のライブコーディングを実験的に行いました。

技術的にはTouchDesignerを使ったリアルタイムビジュアルのアウトプットと、Art-Net経由でのLED制御を行いました。

View
Role
Visual Artist
Credit
  • Toyoshi Morioka : Visual Artist
  • Shinpei Sakata : Assistant
Keyword

, , , , , , , , , , ,

京都岡崎の地下空間にて若手作家による映像展示「B1 MIRAGE -地下の蜃気楼-」を照明による空間演出を行いました。イベント「岡崎明治酒場」の一角で、場所は京都市美術館付属棟地下。85年間一般人が入ったことがなかったそうです。

空間の主は映像なので、照明はあくまでアンビエントに。コンセプトとしては『蜃気楼』というキーワードから『現実からの投影であること』『ゆらぎ一瞬たりとも全く同じ瞬間がないこと』などをイメージし、ジェネラティブなアプローチでリアルタイムに光をコントロールすることにチャレンジしました。

技術的には、複数系統で合計約50m、室内と室外で場所の特性と表現にあわせて2種類のLEDを使用。LEDをTouchDesignerからArt-Netで制御するシステムを作り、カメラからリアルタイムに映像を取り込みソースとして光のパターンを生成することで『蜃気楼』のテーマを表現しました。

View
Role
Lighting Designer + Hardware Engineer + Programmer
Credit
  • Nue Inc. : Producer
  • 1→10 Inc. : Special Thanks
  • StarryWorks Inc. : Special Thanks
Keyword

, , , , ,

2018.10 Live Event

京都METROで行われたByetone来日ライブイベントにてKen’ichi ItoiさんのライブでのビジュアルをSPEKTRAで担当しました。

TouchDesignerを使いオーディオリアクティブなリアルタイムビジュアルを制作しました。

Photo by Yoshikazu Inoue

Role
Visual Art
Credit
  • Toyoshi Morioka : Visual Art
  • Amagi Takayoshi : Visual Art
Keyword

, , , ,

2018.07 Live Event

Club METROでのライブイベントにSPEKTRAで出演しました。Live Visualを担当しました。
TouchDesignerを使いオーディオリアクティブなリアルタイムビジュアルを制作しました。

Credit
  • Akitoshi Mizutani : Visual Art
  • Jin Amagi : Visual Art
Link
Keyword

,

2018.05 Event

TouchDesignerのワークショップを企画・実施しました。TouchDesignerを利用したリアルタイムビジュアルシリーズ第4弾。今回はゲスト三名を迎え、GPUプログラミングを使ったリアルタイムなビジュアル表現を学ぶハンズオンでした。

Link
Keyword

, , ,

2018.04 Event

TouchDesignerのビギナー向けワークショップを企画・実施しました。

今回のVol.3.0.0では今回は『オーディオビジュアル』をテーマとしました。音の入力ととりまわしの技術面とビジュアルの出力とモーション制作の表現面の両面を学び、その後オリジナルのビジュアル制作に挑戦しました。またAudio Visualがテーマということで、今回はゲスト講師にAudio Visual ArtistのJunichi Akagawaさんを迎え、会場にCLUB METROをお借りしました。

昼のワークショップイベントの後に、夜は木屋町にあるFORUM KYOTOにてワークショップで制作された参加者の作品を店内の壁面にプロジェクションし展示しました。FORUM KYOTOで定期開催されているラグジュアリパーティ『p.o.d』にご協力いただき、『p.o.d』のDJ陣の音と、ワークショップ参加者のビジュアル作品を連動させ、ワークショップのゲスト講師であるJunichi AkagawaさんもLiveとワークショップ参加者作品が連動する普段とは違う特別な形でのパフォーマンスを行いました。

Role
Producer + Moderator
Credit
  • Junichi Akagawa : Guest Lecturer + Guest Artist
  • Akitoshi Mizutani : Lecturer
  • Toyoshi Morioka : Lecturer + Technical Supervisor
  • Motoki Sonoda : Assistant Lecturer
  • Masaru Nakanishi : Assistant Lecturer
  • Ayane Oka : Assistant
  • Yokota Hirochika (KCROP) : Special Thanks
  • 1-10design,Inc. : Special Thanks
  • Koji Kimura : Special Thanks
Link
Keyword

, , , , , , , , , , ,

2018.03 Event

TouchDesignerのビギナー向けワークショップを企画・実施しました。今回のVol.2.0.0では3Dのモーショングラフィックス作成を学び、その後オリジナルのモーション作品の制作に挑戦しました。ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

Role
Producer + Moderator
Credit
  • Akitoshi Mizutani : Lecturer
  • Toyoshi Morioka : Lecturer + Technical Supervisor
  • Motoki Sonoda : Assistant Lecturer
  • Masaru Nakanishi : Assistant Lecturer
  • Ayane Oka : Assistant
  • Yokota Hirochika (KCROP) : Special Thanks
Link
Keyword

, , , , , , , , ,

2018.02 Event

TouchDesignerのビギナー向けワークショップを企画・実施しました。
内容的には、まずTouchDesignerについて、基本操作、TOPとCHOPでの基礎的な2Dモーショングラフィックス作成、そしてオリジナルのモーショングラフィックス作成、最後に全員分のモーションを集めて一つのオーディオリアクティブなモーショングラフィックスに統合し大画面に表示、という流れで行いました。
会場はMTRL KYOTOをお借りし、集客的にはあまり期間がなかったにも関わらず無事満席まで来て頂けて、今回のビギナー向けを銘打った狙い通り、普段プログラミングや映像制作に関わる仕事をされている方だけでなく多様な方に来て頂けたと思っています。またMTRLという場所の面白さからかたまたま台湾から旅行に来ていた方も参加いただいたりと、主催側としても刺激をもらえるイベントとなりました。
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

Role
Producer + Moderator
Credit
  • Akitoshi Mizutani : Lecturer
  • Toyoshi Morioka : Lecturer + Technical Supervisor
  • Motoki Sonoda : Assistant Lecturer
  • Masaru Nakanishi : Assistant Lecturer
  • Ayane Oka : Assistant
  • Yokota Hirochika (KCROP) : Special Thanks
Link
Keyword

, , , , , , , ,

More